農業6次産業化キッズ協働プロジェクト_ABC.Agri
S__22765582

《開催概要・コンセプト》

農業の6次産業化を通じて、未来のイノベーターを生み出す!
近年の日本では、農業などの地域産業が衰退し、耕作放棄地の増加、

農業従事者の減少、地域の名産の消失といった、様々な社会問題が生じています。
このプロジェクトでは、子どもが農業体験を通して、6次産業化に取り組むことにより、

自らが課題意識を持ち、解決に向けた手法を考え、生み出すことができる、

「次世代のイノベーター」を育成することを目的としています。

image825

《プログラム》


栽培から企画 、デザインから販売まで、あらゆる学びを網羅した 4ヶ月。
「自分で育てた野菜を商品化して、市場に送り出す」、その一連の流れを体験することで、 
農業、企画、デザイン、マーケティングなどのあらゆる側面の知識を体得していきます。

S__22765578

《日程》 

2019年11月~2020年3月までの、全12回のプロジェクト☆

S__22765581

① 11月 17日(日) 栽培計画・農作業(播種) 
② 11月 24日(日) 農業6次産業化とは 
③ 12月 15日(日) 商品開発①・農作業(収穫) 
④ 12月 21日(土) パッケージデザイン①

S__22765580

⑤ 01月 13日(月) パッケージデザイン②
⑥ 01月 18日(土)商品開発②
⑦ 01月 26日(日) 流通・マーケティング①
⑧ 02月 09日(日) 販路開拓・マーケティング②
⑨ 02月 23日(日) 調理実習・地域交流
⑩ 03月 08日(日) 販売体験(道の駅など)
⑪ 03月 22日(日) プロジェクト体験発表
⑫ 03月 28日(土)ままちっちFesta2020~こどもとまちの文化祭~にて試食製造・お店形式で販売

農業の6次産業化を実学として体験することができる、貴重な機会です。事業プロジェクトとして、プロと協働して進めますので、本当に自分達が開発した商品が世の中に流通することになります!!(驚)。同じ企画は二度とありません!

まずは泉佐野市の三浦農園さんで春菊の種まき(播種)からスタート!今回は無農薬の春菊を使ったわかめスープを新商品として開発する予定です。そのパッケージのイラスト・キャッチコピーまでも、子ども達が考え、デザインします。

はじめてでも大丈夫!野菜を育てるところは農家さんと、商品開発はメーカー担当者と、パッケージデザインはデザイナーさんと、商品の販路開拓するのは流通のプロと、実際の商品を開発して世の中に出していくまでの一連の流れをすべて経験することができます。

わかめスープ原材料の調達のために、工場見学も予定しています。
・ゴマ工場見学(洗い→選別→焙煎)
・フリーズドライ工場見学(洗い→フリーズドライ加工)

そして最後には2020年5月には、ある生協のカタログでも販売される予定です!! 

我が子が食べても安心安全なように、農薬を使わず栽培することを心掛けています。
今回のプロジェクトでは、栽培から販売まで、それぞれの工程でプロが子どもたちと一緒に伴走してくれます。


72_1

泉佐野で50年間続く栽培のノウハウを。
三浦農園は泉佐野市で50年以上続く、自家採種で水ナスを育てる老舗農家さん。

《協働パートナー紹介》

三浦農園 https://miurafarm.net/
三浦農園は家族で農業を営む小さな農園です。愛情を込め手間ひまを惜しまず 
野菜と向き合い、人・環境・作物に優しい農業をしています。 
漢方、天敵昆虫(害虫を捕食する昆虫)、微生物、乳酸菌、納豆菌、緑茶成分、有機肥料などの活用、 
IoTの導入、IPM栽培などの特別な栽培方法に取り組んでいます。

《募集要項》

募集対象:高校生以下
◯ 募集定員:20名 
◯ 参加費:13,000円(講座12回分) 
◯ お問い合せ先: a being created agriculture
◯ 申込方法:メールにてお申し込みください
◯ 活動場所:三浦農園(大阪府泉佐野市)
◯ 指導者:三浦淳(三浦農園代表)
 深見麻衣(三浦農園代表)
 新免将(株式会社Teams代表取締役)
 和田隆博(NPO法人子どもデザイン教室 代表理事)
 
藪崎喜子(コープ自然派おおさか理事)
 西田大樹( a being created agriculture代表)
 メーカー工場担当者(株式会社和田萬、株式会社ポタジエ)


お問合せは下記にお願いします。
mail: lfic.inquiry@gmail.com

※今回の受付は終了致しました。

【備考】

〇お申込み受付は先着20名とさせていただきます。
〇決済を銀行振込みで対応してくださる方には1,000円割引でご案内いたします。メールでご連絡くださいませ 。
〇原則として現地集合・現地解散になります。現地までの交通費は各自ご負担お願い申し上げます。
〇小学校4年生までは保護者の送迎または付添いが望ましいです。
〇プロジェクトの特性により、万が一遅刻欠席されたとしても振替え・返金はございません。
〇欠席時は撮影動画をご覧になっていただけるようにすること、デザインやキャッチコピーを考えてくる等の宿題がある場合は質問を受付ける形でフォローを考えております 。
〇コープ自然派おおさかの広報誌をご覧になってお申込の方は、メールでお申込み・お問合せお願い申し上げます。
〇本事業は(独)国立青少年教育振興機構の「子どもゆめ 基金」助成事業です。そのため報告書作成に記録写真が必要となりますので、作業風景などの写真撮影にご協力をお願いいたします。また撮影した写真はFacebook・I nstagram・Twitter・主催団体LFIC( エルフィック) a being created agricultureのホームページに掲載されることがあるので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

72_15
72_5
72_10
72_7
72_16
72_4
SDGsとは
Facebookでコメントをする