探究学習コンテンツ検討中の学校・教育関係者の方へ

農家さんと子どもたち が協働し、商品開発に取り組む6次産業化の探究プロジェクトを学校でも取り組んでみませんか?

日本の教育現場では、総合的な学習(探究)が重要視されるようになりました。しかし、学習は校内で完結することが多く、子どもにとってリアルな出会いや学びを得る場になりにくいという課題があります。大阪を拠点に活動する「The Lab of Future Innovators andCreators(通称、LFIC|エルフィック)」は、子どもと社会がつながる学びの機会を創造すべく、農家と子どもが協働する6 次産業化など
ユニークな探究プロジェクトを実施しています。

『先生の学校』が発行する HOPE08冬号に掲載いただきました。記事は下記からご覧いただけます。先生の学校は、教え育む「教育」を超え、「きょういく」を探究し、創造するコミュニティです。※先生の学校へのリンクを記載※

農Coラボによって社会に提供したい価値

子どもたちはプロジェクト探究を通して自ら考え行動することで、課題解決力やコミュニケーション力、表現力など多様な力を身につけ、充実感や達成感、自己肯定感などを得ることができていると感じます。また、1次・2次・3次産業の全ての仕事現場を垣間見ることで、いろいろな職業の人たちが働くことによって社会が成り立っていると実感できます。自分の将来を考えるキャリア教育の場としても有効であり、また商品開発=アウトプットのある教科横断した学びを実感することが出来るので学習意欲にも結びつきます。
農家やメーカー側としても、子どもが関わることで時間や手間はかかりますが、唯一無ニの特別なストーリーから商品が生まれて形になります。最後の子どもたちの発表には農家さんも参加してもらっていて、農家さんから「一緒にできてすごく楽しかった」「大人では思いつかないようなアイディアに刺激をもらった」と直接の声をいただき、子どもたちもすごく喜んでいます。
「農Coラボ」の活動をスタートして4年目になり、関わる人皆さんにとってメリットのある取り組みだと大きな手応えを感じています。

目的と期待できる成果

①農業(1次産業)の6次産業化という、地域・社会との共同プロジェクトを通じ、社会と接続しながら
実践的に学ぶことができます。(挑戦意欲向上、生きる力向上)
②1次産業・2次産業・3次産業でそれぞれプロとして活躍する社会人と一緒にプロジェクトを行うこ
とで、自分らしい人生の選択を促進します。(キャリアプランニング能力習得、自己肯定感向上)
③教科学習の知識を社会に出た時にどう活かし合うのかを体験できる機会を得ることで、学ぶ意義や、
学習意欲の向上につながります。(学校生活の充実、生活改善、社会人基礎力向上)

教育×6次産業化で教科横断した学びを実現します

農Coラボを学校に取り入れてもらうことで、学校や子どもたちと社会がつながりを持ちながら学べる環境をつくることも私たちの願いです。農Coラボには、学校の中ではなかなかできない体験や学びがたくさん詰まっています。農家さんやメーカーさんなど全てこちらでコーディネートできますので、何でも気軽にご相談ください。

実際の活動の様子

国語、算数(数学)、理科、社会、図工(美術)、ICT(技術家庭・音楽)、校外学習、総合学習など、学習指導要領における教科を横断した内容にすることも可能。

◆時間と規模(あくまで目安となりますので個別にご相談ください。)

・農Coラボ[全編]フルコンテンツの場合…授業3コマ分×14回(農作業~加工~マーケティング販売・発表)
・農業体験のみ…移動時間を除き授業2コマ分
・工場見学のみ…移動時間を除き授業2コマ分/1箇所
・商品開発の話のみ…授業2コマ分(メーカー開発担当者講師に来校してもらい話してもらう場合)
・商品開発の通し体験のみ…授業4コマ分×2回~3回
・パッケージデザイン制作のみ…授業4コマ×3回
・マルシェ販売体験やカフェ運営体験のみ…授業3~4コマ分
・その他、生き物調査・環境保全型農業栽培体験・収穫体験・クラウドファンディング制作体験など可能
・実施規模は学校単位、学年単位、クラス単位、どの形式でも対応できます。
ただし農家や加工メーカーに訪問する場合には人数制限がかかるケースがあります。

【お問合せフォーム】




    --