マグナとふしぎの少女 2019大阪公演

☆2019年12月1日 大阪公演を開催しました。☆

1万人以上の子ども達が絶賛!「言葉の壁」そして「心の壁」を超える物語。

壮大かつ笑いに溢れる舞台で子どもたちの好奇心に火をつける仕掛けがいっぱいです。

“恥ずかしい”“間違いたくない”子ども達の「心の壁」が物語と笑いの渦の中に自然と溶け、

英語がぐんっと身近に。親子で楽しめます♪

magna_osaka

今回は、学校公演ではできない、スマホアプリと劇の連動により、英語とテクノロジー(AR拡張現実等)に触れられる演出をお楽しみいただけます。歌と笑いに溢れる舞台、そして、壮大なプロジェクションマッピング&CGで、子ども達の心はあっという間に「マグナ」の冒険の世界へ。


1-1

私たちLFIC(The Lab of Future Innovators and Creators)は、子ども達が楽しみながら能動的・主体的に学べる環境づくりをプロデュースしています!

今回は2018年に1万人以上の子どもたちが楽しんだ学校公演を、ご家族でお楽しみ頂ける劇場版ミュージカル「マグナとふしぎの少女 English アドベンチャー!」として、大阪はもちろん関西でも『初』となる公演を実現させたい!と実行委員会を立ち上げました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

マグナとふしぎの少女大阪公演 12月1日(日)阿倍野区民センター大ホールで開催!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当日のアクティビティを充実させ、原作のミントフラッグ(株)と、学校公演をプロデュースしているファンファンラーニング(株)からも理解と協力得て、絶対成功へ挑戦いたします!!

またホールのホワイエ(待合スペース)を使った、体験イベントを予定しています。QRコードのスタンプラリーに参加すると、もれなくWorld Cast(ネイティヴスタッフ)と国際交流ができちゃったり、発音かるたを使って一緒にゲームを楽しむこともできちゃいます!!

会場に入れば、もうそこは『マグナワールド』☆

笑いが巻き起こる日本語のパートと、もっと学びたいと思う英語のパートが融合

本公演は子ども演劇46年目を迎えたベテランの、劇団KIOにお願いしています。

マグナの学校公演をプロデュースしているファンファンラーニングをはじめ、私たちが目指すのはエンターテインメントの力で英語学習を楽しくて夢中になれるものに変えることです!!

子ども達が遊ぶようにワクワク学ぶことこそが最も効果的で本質的であるという考えに基づいて、アクティブラーニング(主体的な学習)とエンターテインメントを融合させた独自のファンラーニングメソッド☆

オリジナル冒険ストーリー「マグナとふしぎの少女」を体験できるミュージカルや、ゲームを通して夢中で遊んでいるうちに自然と英語力を身につけるという、新しい学習体験を作り出します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミュージカルが終わる頃にはいつの間にか、子どもたちが楽しんで英語を口にし始める。

このとき得られた感動体験と好奇心が、次の成長へと繋がっていきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2019年2月に神奈川県民ホールで開催された様子がメディアでも取り上げられました。こちらを見ていただくと、イベントのイメージが湧きやすいと思います。

▼小学校公演のプロモーションビデオです。▼

一般公演は学校公演にはない、スマホアプリと劇の連動や、テクノロジー(AR拡張現実等)に触れられる体験イベント、英会話のワークショップを同時開催の予定です! どうぞご期待ください!

※動画の役者は日本人ですが、今回の当日英語を話すキャラクターの役者は外国人になります。

《公演日程》

 2019年12月1日 (日)
【第1部公演】12:30開場 13:00~14:30公演

【第2部公演】15:30開場 16:00~17:30公演

■会場

大阪市立阿倍野区民センター

大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118
https://www.google.com/maps/embed/v1/place?q=%E9%98%BF%E5%80%8D%E9%87%8E%E5%8C%BA%E6%B0%91%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC&key=AIzaSyD09zQ9PNDNNy9TadMuzRV_UsPUoWKntt8

劇団KIO

一般社団法人KIOは、子ども演劇46年目を迎える大阪の劇団です。小中高校生を対象に、芸術鑑賞会や学校公演だけでなく、パフォーミングアートのフェスティバル運営や海外アーティスト・カンパニーの招聘、マネジメントも行っています。 芸術文化の力をもって、子どもたちの健やかな育成、想像力や創造性の向上、感性の育みを目指し、ダイバーシティの創出に寄与することを目的としています。

Facebookでコメントをする