《募集中》合鴨農法に挑戦!無農薬米づくりプロジェクト

農Coラボ

《開催概要・コンセプト》

私たちが毎日食べる「お米」
田植えにはじまり、どのような成長をたどって、収穫に至るのか自分たちの手で育ててみます。
稲(=お米)が健やかに育つよう、草や虫を食べてくれる合鴨をお世話することも通じて、【食】【命】についても考えていきます。収穫できたお米を実際に食べるプログラムにも連動し、探究的な総合学習ができるプロジェクトとなっています。

《募集要項》

◯ 募集対象:小学校2年生~高校生3年生
◯ 募集定員:各日20名
◯ 参加費:◆マークの日はジャパンキッズの助成により無料です!
 (◆以外の日はそれぞれのPJ詳細をご確認ください。プロジェクト参加中は、活動日以外にも農作業は可能な日程で自由に来ていただけます。)
 大人の方には1日1口1,000円で任意でご寄付をお願いしています。
◯ お問合せ先: LFIC(エルフィック):The Lab of Future Innovators and Creators
◯ 申込方法:下記、申込フォームからお願いします。
◯ 活動場所:ABC-Agri圃場(堺市・新金岡駅)、近隣公共施設など
◯ 集合場所:駐車場は要事前予約です。満車の場合は大泉緑地の第3駐車場をご案内することがあります。電車の場合は御堂筋線「新金岡駅」から南海バス🚌美原金岡線または🚌野遠北野田線に乗って、バス停🚏『出屋敷』で下車。そこから徒歩5~10分
◯ 持ち物:筆記用具、タオル、お弁当、おやつ、飲み物 【持ち物のポイントを見てね!】
◯ 服装:汚れてもよい動きやすい服装(長袖・長ズボン・帽子・長ぐつ・作業手袋)
 ※田植えの日は靴下を2枚履いて田んぼに入りますので着替えをお持ちください。
 ※草で切れたり、虫に噛まれたりといった可能性があるので長靴・長ズボンを推奨します。
◯ 指導者:
 松本純也(みっかつ:美原区地域活性化プロジェクト代表)
 加藤麻理子(つちのがっこう代表、グラフィックデザイナー)
 藪崎 喜子(教育コンサルタント、The Lab of Future Innovators and Creators 代表)
 他、地域生産者の皆さん
◯ 主催:LFIC(エルフィック):The Lab of Future Innovators and Creators
◯ 後援:大阪府教育委員会・大阪市教育委員会・堺市教育委員会(予定)

持ち物のポイント

通年『長袖・長ズボン・帽子・長ぐつ・作業手袋』が基本スタイル5点。
①長ぐつ・・・雨の後は特にぬかるんでいる所もあるので必須。農地に着いてから履き替えるのでもOK!動きやすいものを選んでください。雑草や虫から皮膚を守る
②ラバー付き軍手・・・グリップがついてフィット感があり作業がしやすいものを。
③帽子・・・首の後ろも守れるようなものがお勧め。作業していると後頭部が無防備になります。
④タオル・・・作業用1枚、作業後1枚の2枚あると便利です。
⑤スコップ・・・必ずお名前をご記入ください。苗を植えたり、根を掘り起こすために使用します。
⑥草刈鎌・・・必ずお名前をご記入ください。ギザギザがついたものが使いやすいです。
⑦昼ご飯・・・おにぎりがオススメ。できるだけ持参で。忘れたらコンビニは徒歩5分
⑧水分・・・近くに自動販売機がはあります。夏は最低でも1リットルほどは必要です。
⑨着替え(必要な方のみ)・・・つなぎで作業して脱ぐだけ。というのが便利
⑩おやつ・・・糖分・塩分が補給できるものがお勧め。煎餅やおかき等は喉が渇きます。
⑪袋・・・収穫物がある場合、当日の参加者でお持ち帰り♪2~3枚の買い物袋があると便利
⑫雨具と防寒着・・・フード付きヤッケがお勧めです。
⑬楽しむ心・・・当日は、作物の生育状況や天候の変化によって、臨機応変に作業内容が変わります。  
 ♪♪予定通りいかないことも楽しめる気持ちをご持参ください♪♪^0^!

《スケジュール》◆マークの日はジャパンキッズの助成を受けて無料で参加できます。

※各日程基本 10:00集合 16:30解散予定集合場所は会場に10:00集合ですが、電車の方は新金岡駅に9:15集合、車の方事前にお知らせする駐車場に9:45集合の予定です。詳細はイベント前にお送りするメールをご確認ください。

【合鴨農法に挑戦!無農薬米づくりプロジェクト】
◆①2024/6/15(土)【お米】 田植え+合鴨の柵作り
◆②2024/6/29(土)【お米】 合鴨の水田放飼

④2024/7/6(土)【お米】 田んぼの生き物調査
⑦⑧⑨⑩
2024/7/20(土)~2024/10/5(土)
【お米】草刈り+お野菜の手入れ(収穫あり)+合鴨のお世話
◆⑫2024/10/12(土)【お米】収穫
◆⑬2024/10/26(土)【お米】脱穀+籾摺り体験

合鴨農法米の栽培体験だけでなく更に大豆栽培も体験してみませんか?
お米と大豆を両方「一から育てて、収穫。それを加工食品にする」ところまで体験できるよう連動したプログラムを組んでいます。ぜひチェックしてみてください☆

【無農薬大豆栽培プロジェクト<大豆畑トラスト運動>】
◆③2024/6/30(日)【大豆】播種(種まき)+育苗(発芽しなかったところ用)
◆⑤2024/7/7(日)【大豆】不足分の定植+草刈り+夏野菜の手入れ

⑥2024/7/27(土)-7/28(日)
☆畑キャンプ【大豆】草刈り+お野菜の手入れ(収穫あり)
⑦⑧⑨⑩
2024/8/4/(日)~2024/9/29(日)
【大豆】草刈り+お野菜の手入れ(収穫あり)、土づくり、畝立て体験
⑪2024/10/6(日)枝豆収穫
◆⑮2024/11/24(日)【大豆】収穫+稲架掛け
◆⑯2024/12/8(日)【大豆】脱粒

【お米で加工食品づくり体験】
⑭2024/11/2(土)【お米】おにぎりカフェ体験+麹菌の話+米麹仕込み体験+塩麹作り+甘酒
⑱2024/12/21(土)【お米】白味噌仕込み体験(お正月に食べられます!)
⑲2025/1/4(土)【お米】白味噌の雑煮+団子作り体験

【大豆で加工食品づくり体験】
⑰2024/12/15(日)【大豆】味噌仕込み体験(3月の収穫祭に使う味噌を仕込みます!)
⑳2025/2/9(日)【大豆】豆腐作り体験
㉑2025/3/9(日)【大豆】納豆作り体験

【収穫祭】
㉒2025/3/16(日) 収穫祭準備
㉓2025/3/23(日) 『おむすび♡カフェ』手前味噌とおむすびを地域の方と食べよう

《協働パートナー紹介》

一般社団法人ジャパンキッズ

ジャパンキッズは「誰も取り残さない社会にしよう」を合言葉に、一人ひとりの「好き」「得意」を伸ばして自分らしく幸せに生きられるように、様々な体験を通じて将来の選択肢を増やしていくことを支援しています。日本の若者の幸福度は先進国の中でも相当低くなっています。それには貧困の連鎖や学力偏重社会による自由な時間の減少、社会の不寛容生など様々な要因があります。質の高い優良プログラムは、家庭環境によって機会が大きく左右されており、一部の子どもたちしか参加出来ていないのが現状です。教育の機会均等と同じように、体験の機会均等は、全ての子どもたちにとってかけがえのない権利であると私たちは考えています。

株式会社IKIpuro ~【みっかつ】~MIHARA活性化プロジェクト~

株式会社IKIpuroは、堺市美原区で教育・農業・まちづくりをテーマに活動しています。「子どもが産まれたときに、自分は子どものために何ができるのか?」を考えた時に、
【共育】子どもも大人も学び合えて成長できる
【共創】地域住民が自分たちのまちを自分たちで創る
【共生】豊かな自然と共に生きる
上記の環境を創り、残していくことが大切だと考え、まずは自身が住んでいる美原区で活動をスタートさせました。今後「共育ファーム」が軸となり、大人も子どもも一緒になり次世代によりよい環境を創造・継承できるよう取り組んでいきます!

【お問合せ】

LFIC(エルフィック):The Lab of Future Innovators and Creators
【お問合せフォーム】
Tel:050-5373-6607

※当日の緊急連絡先は申込者には別途お伝えいたします。

【備考】

〇お申込み受付は原則先着ですが、定員を超えた場合は抽選になります。
○少雨は決行予定ですが、荒天の場合は日程変更することがあります。そちらは当日朝のご案内になります。
〇原則として現地集合・現地解散になります。現地までの交通費は各自ご負担お願いします。
〇小学校4年生までは保護者の送迎が望ましいです。プログラム中は付添いは必要ありません。子どもに補助が必要 or 運営ボランティアに興味のある保護者様の見学は可能です。
〇プロジェクトの特性により、万が一遅刻欠席されたとしても振替え・返金はございません。但し緊急事態宣言などで主催者都合で中止した場合はこの限りではありません。
〇欠席時は資料や写真をご覧になっていただけるようにすること、デザインやキャッチコピーを考えてくる等の宿題がある場合は質問を受付ける形でフォローを考えております 。
〇本事業では報告書作成や広報のため写真や動画を撮影しますので予めご了承ください。また撮影した写真はFacebook・Instagram・主催団体LFIC( エルフィック):The Lab of Future Innovators and Creatorsのホームページに掲載されることがあるので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
○お申込いただいた時点でLFICプライバシーポリシーにご同意いただけた扱いになります。

《申込フォーム》


    --




    決済は一括の場合はXXXXX円、1ヶ月あたり4,000円。


    お野菜などを試食したりすることがあります。楽しく・安全な運営を実現するため、本情報はスタッフ全員に共有させていただきます。ご申告いただいた個人情報は今回プロジェクトの参加者(お子様)の安全管理・健康管理のみに使用し、厳重に管理いたします。ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。


    アレルギー以外にも、スタッフに知らせておく必要がある事項があれば記載お願いします。


    万が一、病気ケガ・アレルギー反応があった場合に備え、健康保険証を持参ください。病院を受診する場合は、速やかに保護者に連絡を入れますので、お迎えに来ていただくようお願いいたします。健康保険証は各自で管理するものとし、万が一紛失しても主催者の責は問いません。(コピーの場合は預かることも可能です。ただしコピーの健康保険証で受診した場合、病院では全額自己負担となることが多いです。原則LFICでは立替え出来ませんので、ご了承ください。)


    LFICでは万一に備え、大阪市社会福祉協議会の市民活動行事保険(国内旅行傷害保険Ⅰ型)に加入しています。
    【保険パンフレット】https://www.osakafusyakyo.or.jp/hoken/volunteer/pdf/2024/02.pdf
    ※万一、事故が起きた場合はこちらの保険の補償範囲で対応させていただきます。


    (1)発熱、咳、全身痛等の症状がある方や、体調にご不安のある方は、ご来場をお控えいただくようお願いいたします。来場前に保護者の方による検温・健康チェックを行い申告してください。
    (2)来場時、飲食時などのタイミングで手洗いや手指の消毒を必要に応じてご協力ください。


    本事業は当団体および協力団体への記録やホームページ掲載・SNSなどの発信のために写真や動画を撮影させていただきます。なお個人情報(写真)はLFIC(エルフィック)プライバシーポリシーに基づき、目的以外には使用されません。


    本事業を通じて制作されたイラスト・デザインなどの制作著作物の著作者人格権はお子様ご本人に帰属いたしますが、今回はLFICがホームページやSNSでご紹介する等の可能性がありますので「支分権譲渡」といい、著作権(著作権法第27条および第28条所定の各権利も含む)を譲渡(共有)」いただく形になります。予めご理解のほどよろしくお願いいたします。


    LFICプライバシーポリシー


    お申し込み受付後から色々と事前の手配しておりますので、キャンセルについてはプロジェクト開始2日前までとし、参加費50%のキャンセル料を申し受けます。プロジェクト開始後は原則としてキャンセルをお受けしておりません。あらかじめご了承ください。






    コメント